建築業者向け無垢フローリング専門店

無垢フローリングドットコム全国対応お問い合わせはこちら0120-97-4169

バーチ(カバ)材の豆知識

樹種名

バーチ(カバ)
カバザクラ

科目

カバノキ科 落葉広葉樹(散孔材)

産地

中国北部、ロシア、北朝鮮、ヨーロッパ、北米

心材は赤みがかった褐色で辺材は黄白色に近い。

硬さ

木材の部類ではどちらかというと硬い部類になるが、同じ広葉樹のチークやローズに比べれれば、若干、柔らかい。 「適度な硬さが足や腰に負担が少ない。」ということでダンススタジオなどによく使用される。

気乾比重

0.50~0.78

特長など

輸入されているカバは、中国東北地方、ロシア、北朝鮮などで取れる色の白いカバと中国南部の西南地区で取れる色のピンク色のカバで区別されることが多い。
(北米大陸から輸入されているイエローバーチなどもあるが弊社では取り扱いが現在のところ、ありません。)

弊社では色の白いカバを「カバもしくはバーチ」と呼び、中国西南地区に取れるピンク色のカバを「サクラ」と呼ぶことに統一している。

他の販売業者の中には、すべてひとくくりに「カバザクラ」とよび、その中で「色の白いタイプ」「色のピンク色のタイプ」と呼称を分けているところもある。

このようにカバは各業者の呼び方が若干、違うことがあるので図面などに「カバザクラ」と書いてある場合、「色の白いカバ」なのか「ピンク色のカバ」なのか、確認した方がいいであろう。

なお弊社が「カバ(バーチ)」と呼んでいる色の白いカバは雑樺(ザツカバ)で数種の樺類を取りまとめて取り扱っているものである。

このように細かく言えば白いカバにも種類があるのだが、よほどの専門家でない限り、フローリング加工した後に、数種類の白カバの違いがわかる人はいない。

日本や中国の樺の丸太は口径が大きくないため、幅広材の入手は非常に困難である。

■バーチ(カバ)の原木の写真です!

こちらは中国のハルピンの製材工場です。こんな感じで丸太が積み上げられてます。~中国、ハルピン提携製材工場にて撮影。

大量のカバの丸太です。カバはそれほど大きな丸太ではないんですね。

このようにチェーンソーで一定の長さに切っていきます。だいたい同じぐらいの太さの丸太を同じ場所へ集めてますね。

別の角度から写真を撮影してみました!

■バーチ(カバ)の原板(フローリング加工する前)の写真です。

カバの原板を積み上げています。手前に写っているのが、弊社の女性社員です。~中国、ハルピン提携製材工場にて撮影。

同じく、カバの原板です。とてもきれいに整頓されてます。しかしすごい量ですね!

■バーチ(カバ)の原板チェック風景の写真です。

カバの原板のチェックです。一番右の女性は含水率をチェックしています。真ん中は弊社社長です~中国、大連提携製材工場にて撮影。

■バーチ(カバ)の加工風景の写真です。

カバフローリングの加工風景です。こちらはダブルエンドテノーナーという機械で短い方のサネを加工しています。

こちらはカバフローリングの表面をワイドサンダーという機械でサンディングして滑らかにしています。

■検品風景です!

このように二人一組になって検品していきます。~中国、大連提携工場にて撮影。

みなさん、目が真剣です!こちらは最終工程の検品になるのでみなさん集中していますね。

右が弊社、社長。今回は検品は特に問題がないのか温和な顔つきですね。

工場内のモニタです。材木工場でこんなモニタがある工場はあまりないんですよ。とっても進んだ工場です。

■みんなで記念撮影です!

工場の幹部の方と一緒に記念撮影しました。右から二人目が弊社社長です。

工場のエリアマネージャーさんと弊社、社長です。とっても信頼できるマネージャーさんですよ。

■番外編~バーチの工場に行った時に撮影した中国の風景

鴨緑江(おーりょくこう)です。中国と北朝鮮の国境になっている川です。黄海につながっています。

鴨緑江から北朝鮮側の山の写真を撮ってみました。なぜか全然、木が生えていない。なんか異様な感じにも思えました。

この列車はハルピンから製材工場まで行くのに使った汽車です。シベリア鉄道って感じですね。

これがその時の切符です。黄河というところまで行きました。

ハルピンで食べた料理の数々・・・・。とってもおいしそうでしょ。

大連空港の前で社長が記念撮影!大連はハルピンよりだいぶ寒さがましです。

※本サイトの写真・表現方法の著作権はすべて無垢フローリングドットコムにあります。 画像のコピーなどは著作権法違反となり、このようなことが起きた場合は法的手段により厳正に対応させていただきますのでご注意ください。