オーク(ナラ)マルチレイヤー(突板)
乱尺ワイルドフローリング

【オークマルチレイヤー(突板)の特徴】
・表面単板に2mmのスライス無垢板を使用しているので耐久性もあり、見た感じは無垢と変わりません。
・厚さ12mmなので、通常の無垢材の厚みよりも薄くなっています。
・ワイルドグレードなので白太やパテ埋めがあり、自然な仕上がりになっています。
・基材にポプラ・ユーカリを使用しています。
・F☆☆☆☆認定品です。
・釘、ウレタンボンドの併用での施工をお願いします。
※ こちらは四方サネのついたランダムな長さの一枚ものからなる、乱尺タイプになります。 フローリング材の不規則で立体感のある継ぎ目が格好良く、また長さが一定でない分、 現場でのロスが少なく施工できる形状です。
※ 単体での使用のほか、同タイプのOKARM(60mm幅)・OKBRM(120mm幅)・OKCRM(180mm幅)と 組み合わせて、よりデザイン性の高い床にすることも可能です(ページ下部写真参照)。 その場合は、必要平米数を3:2:1に分け、OKARMを1、OKBRMを2、OKCRMを3の割合で御発注ください。

写真を見る>>>

商品価格・詳細

商品番号 サイズ(mm)/ケース入数 塗装状態 平米単価
(送料別)
ケース価格
(送料別)
産地 無料サンプル
※本商品は現在欠品となっております。代替商品などをご提案できますので、お気軽にお問い合わせください。
お知らせ
※本商品は現在欠品となっております。代替商品などをご提案できますので、お気軽にお問い合わせください。

※消費税別途で表示しています。(建築業者向け販売が主のため。個人販売も可能です。)

※ケース単位の販売となります。

オークマルチレイヤー(突板)マルチレイヤー乱尺ワイルドフローリング
イメージ写真

オークマルチレイヤー(突板)マルチレイヤー乱尺ワイルドフローリング
仮並べ時の写真(縦向き)

オークマルチレイヤー(突板)マルチレイヤー乱尺ワイルドフローリング
60幅・120幅・180幅を合わせて仮並べした写真(横向き)

ワイルドグレードのパテの色のご説明

★ワイルドグレードはパテ埋め、白太あり商品です。パテの色は無塗装の状態では白やグレーですが、オイルを塗ると茶や黒に変化いたします。無塗装の時とオイルを塗った時では色が違いますのでご注意ください。

(写真左)無塗装の状態のパテの色
(写真右)クリアオイルを塗ったパテの色

こちらの商品が気になったら右のボタンから無料のカットサンプルをお申し込みください。
無垢製品の施工方法、樹種と相性の良いオイル、日常のお手入れの仕方など、無垢フローリングのプロである私達があなたの無垢フローリングライフをサポートさせていただきます。

商品グレードについて

  • プレミアムグレード

    その樹種での最高グレードです。おおむね、ごく小さな節・白太、わずかな色むらは入ります。

  • ナチュラルグレード

    白太・小さな節・色むらはそれなりにあります。ごく稀に小さな割れと止めパテが入る場合があります。

  • ワイルドグレード

    プレミアム・ナチュラルの基準以下のものがすべて入ってきます。
    白太・節・割れ止めパテもそれなりの大きさで入ります。色むらもあります。

塗装の種類について

  • 1.無塗装

    何も塗装しない状態です。 木の質感や色合いがそのまま残る反面、汚れが付くと木の導管に染み込み、落とすのが困難になります。

  • 2.自然塗装

    天然油脂(オイル)を使った仕上げのことです。塗料を木材の表面から内部に浸透させて、木の表情をしっかりとさせ、木材本来の質感が残ります。

  • 3.オスモ自然塗装

    ひまわり油を主成分としたドイツのオスモ社の自然塗料を使った塗装です。一部、フローリングを塗装して在庫している場合もありますが、国内での別途塗装が必要になる場合が多く、入金を確認させて頂いた後、2〜3週間の納期が必要です。なお、国内での別途塗装となる場合はリボス社や蜜蝋などの塗装に変更することもできます。

  • 4.植物オイル仕上げ

    天然樹脂を主成分としたオイル仕上げで、塗料を木材の表面から内部に浸透させて塗装をするため、塗膜を作りません。 植物オイル仕上げはUV照射をして乾燥させるため、塗料が硬化します。 その効果により、通常の自然塗装よりも剥がれにくくなっています。

  • 5.ウレタン塗装とは

    主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料で、フローリングの表面に薄い膜を貼るような塗装です。

それぞれの塗装についての詳しい特徴はこちらのページにてご確認ください。

購入の流れについて

当サイトは大量注文お値引き歓迎のお店です!

ご購入の流れついての詳しい説明はこちらのページにてご確認ください。

TOP ▲