無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

床暖房フローリングの高温式と低温式の違いは?他の種類は?

無垢フローリングドットコムでは床暖房フローリングを大きく「高温式」と「低温式」の2つに分けています。

【高温式対応床暖房フローリングとは】
熱源(床暖のパイプなど)が約80℃くらいまで上がる、温水循環のガスの床暖システムなどに対応しているものが「高温式床暖房」フローリングです。温水循環とはパイプの中の水を温め、水を循環させる床暖房システムのことです。
高温式対応床暖房フローリングは低温式対応フローリングでも使えるため、無垢フローリングドットコムのホームページでは「高温/低温兼用」と表記しています。
【低温式対応床暖房フローリングとは】
熱源が55℃程度までしか上昇しないタイプの床暖房に対応しているものが「低温式床暖房」フローリングです。
電気式、地熱式等、さまざまタイプの床暖房システムが販売されていますが、こもり熱防止装置が付いているタイプほど、無垢材の伸縮は抑えられる傾向があります。なおマルチレイヤーフローリングも低温式床暖房となります。

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。