無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

塗装についてのご質問

塗装について

Q:塗装するのはなんのため?

  • A:①木を保護するため
  • 木はそのままでは傷や汚れがつきやすいので、塗料を塗ることで、汚れのもとになる水分や油分の染み込みを少なくすることができます。塗料の成分によっては撥水性が増し、防虫性・抗菌性を高めることも、表面を強化させることもできます。また、無塗装のままですと乾燥しすぎた場合にひび割れなどが起きる可能性があります。
  • A:②木をより美しく見せるため
  • クリアの塗料を塗るといわゆる濡れ色になるので、木目の美しさを際立たせる事ができます。また、つやが出るので、しっとりとした深みを出すこともできます。
  • A:③木を扱いやすくするため
  • フローリングは毎日触れるものなので汚れがつきやすいです。塗料を塗ってあれば、汚れがついてもふき取りやすく、美しさを保ちやすいです。

Q:ウレタン塗装って何?

  • A:ウレタン塗装とは塗布面に塗膜を形成して表面を平滑にし、木材を保護強化して水の吸収を防ぎます。大量の水がかかるところは厳しいですが、キッチン等の少量の水がかかる箇所には適しているでしょう。また、光沢がでるため(つや消しウレタンを除く)高級感のある床材になります。ただ、ウレタン塗装は塗膜に傷がつくと白くなるため、元の色が濃い木だと傷が目立ちやすくなります。
  • ウレタン塗装説明

Q:自然塗装って何?

  • A:自然塗装とは塗装面に塗膜をつくらず、木の繊維に成分を含浸させることで木材を保護します。そのため塗装後も木材の呼吸を妨げず、木材本来の調湿作用や手触りが生かされます。個人レベルでメンテナンスができるのも利点です。ただ、水ぶきの掃除ができなくなります。また、ウレタン塗装に比べて耐水性が低いため年に1~2回のメンテナンスなどが必要になります。
    また、メープルやウォールナット等硬い木材に塗ると滑りやすくなりますのでご注意ください。なお、最初は滑りやすいですが、しばらく使用していると滑りにくくなります。
  • 自然塗装説明

Q:自然塗料はどのように塗ったらいいの?

  • A:自然塗料はさまざまなメーカーから販売されていますが、多少の違いがあってもどのメーカーもおおよそ同じ塗装方法です。こちらの「自然塗装の塗り方」のブログを参考にチャレンジしてみてください。
    https://www.muku-flooring.com/blog/?p=4216

Q:無垢の自然塗装と一般の複合フローリングのワックスの違いって何?

  • A:オイルメーカーとは見解が違うと思いますが、弊社では植物オイルの自然塗装フローリングは特にワックスをする必要がないと考えています。それはなぜか。

    通常の自然塗料のワックスは、オイル塗装の上から仕上げとして塗布します。ワックス成分はカルナバワックスだったり蜜蝋ワックスだったりするようです。ワックスを使用すると耐久性が向上する半面、どうしても多少ツヤがでてしまいます。
    お施主様の多くは「ツヤが無いほうがいい」と言われる方が多いのであえて弊社では自然塗装にワックスをおすすめしていないのです。もちろんワックスを塗った方が耐久性がよくなりますのでツヤが気にならない方は自然塗料のワックスを塗っていただいてOKです。
    なお大手建材メーカーの合板フローリングのほとんどは表面が樹脂系のコーティングとなっています。こちらは定期的なワックスがけをすることによりフローリングをきれいに保つことができます。
    一般的なワックスがけは下記の手順のようです。
    ①まず床に掃除機をかけ、床面のゴミ・ホコリをしっかり取り除きます。
    ②掃除を終えたらワックスメーカーの専用クリーナーを使って汚れを取り除きます。
    ③ワックスを塗ります。
    ④乾燥させます。
    ⑤①~④をもう1回繰り返し、2度塗りをします。


    Point!
    ①無垢の自然オイルには耐久性にこだわる方だけワックスを塗る程度でOK!
    ②一般の建材メーカーの樹脂系塗装の合板フローリングは定期的なワックスが必要!

Q:自然塗装はフローリングの裏面にはしなくていいの?

  • A:以下の二つの可能性があることからフローリングの裏面には塗布しません。
  • ①オイルに含まれるロウ成分で、接着剤のつきが悪くなる可能性がある。
  • ②湿気が多い場所だとオイルが栄養分になって、カビがはえることがある。

Q:無塗装のままで使用することはできるの?

  • A: 無塗装のままフローリングを使用すると「水分」が表面に飛んだ時にすぐに浸み込んでしまいますのでウレタン塗装、もしくは自然塗装などなんらかの塗装をすることをおすすめします。
    一度、木材深くまで汚れが浸透してしまうと汚れを取ることはなかなかできません。また色の濃い木材は靴下等に色が付いてしまいますので必ずなんらかの塗装を施してください。

Q:自然塗料にはどのような種類があるの?

  • A: 無垢フローリングドットコムでは、自然塗装を塗装したフローリングは販売しておりますが、特定の塗料メーカーと提携することがないように塗料自体の販売はしておりません。国内には小さな塗料メーカーを含めるとかなりの数の自然塗料が販売されていますが、主な自然塗料の特徴と販売先のホームページのご紹介をさせていただきますのでご活用ください。
    「ひまわりの種」を主成分とした自然塗料です。クリア塗装は比較的明るい感じに仕上がります。東急ハンズ等でも取り扱いがあるようです。
    リボスは「亜麻仁油」を主成分とした自然塗料です。亜麻仁油が少し深い色なので、塗ってしばらくして日焼けをすると色がオスモより濃くなる傾向にあります。日本の総代理店は「イケダコーポレーション」です。
    オイルの主成分は「オレンジ油・亜麻仁油・ヒマワリ油・ローズマリー油等」です。日本の総代理店は「アウロジャパン」です。
    オイルの主成分は「亜麻仁油」です。日本の代理店は「北三」という会社です。
    ●未晒し蜜ロウワックス
    http://www.mitsurouwax.com/cont03/
    名前の通り蜜蝋が主成分の自然塗料です。半固形なので他の塗料よりも塗るのに少し力がいります。販売元は「小川耕太郎∞百合子社」です。
    オイルの主成分は「お米」です。自然塗料はどのオイルも「自然発火」に気をつけなければいけませんが、自然発火の危険性が少ないそうです。その分、完全乾燥には他社より少し時間がかかる印象があります。販売元は「日本キヌカ」です。

Q:自然塗装とウレタン系塗装の長所と短所

  • A:無垢フローリングの塗装には大きく分けて植物系のオイルを使った「自然塗装」と樹脂系の塗膜を張る「ウレタン塗装」の2つがあります。双方とも長所、短所があります。
    ●自然塗装の長所
    ・植物オイルが主成分でオイルが浸み込むタイプなので、光沢感がなく、かつフローリングの表面に触れると自然の木の触感そのままである。
    ・自然塗料は表面に塗料の膜が張っていないので、小さな傷や凹みが生じてもサンディングペーパー等で削り、簡単に補修することができる。
    ・フローリングの表面に傷がついてもウレタン塗装のように白い傷にならないので傷が目立ちにくい。
    ●自然塗装の短所
    ・撥水性はウレタン塗装には劣る。
    ●ウレタン塗装の長所
    ・撥水性は自然塗装よりも勝る。
    ●ウレタン塗装の短所
    ・傷が付くと表面のウレタン部分に傷が付くため、傷部分が光に反射して白くなり目立ちやすい。
    ・傷の補修はDIYレベルでは難しい。専門のリペア業者でのみ対応可。

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。