無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

無垢材の塗装の説明

無塗装とは・・・

何も塗装しない状態です。
この状態のままで使用すると汚れが浸み込みやすいので無塗装のまま使用される方はほとんどいません。
無塗装を購入される方のほとんどは無塗装で購入して、現場でお好きなオイルを塗装されたりしています

無塗装メリット

  • 無垢材本来の質感があります。
  • 施工後に好みの塗料などで仕上げることができます。

無塗装デメリット

  • 汚れやすく、水や汗染みなどができます。
  • 木の耐久性が落ちます。

ウレタン/UVウレタン塗装とは・・・

主成分がウレタン系の塗料でフローリングの表面に薄い膜を貼るような塗装です。※UVウレタン塗装とは紫外線カットの意味は全くなく、紫外線を照射して塗装を乾かす塗装方法のことです。UVウレタン塗装はウレタン塗装より塗膜が薄く、少し硬くなる傾向があります。

無塗装メリット

  • 光沢があり、高級感があります。
  • それなり(3分ツヤ)にツヤがあります。
  • 撥水性に優れ、通常の使用であればメンテナンス不要です。

無塗装デメリット

  • 表面に塗膜を張るため木材の肌触りはなくなります。
  • 濃い色のフローリングの場合、塗膜にキズがつくと白く目立ちます。
  • 表面に傷が付くとDIYレベルではきれいに補修できません。(補修職人が必要)

オスモ自然塗装とは・・・

ひまわり油を主成分としたドイツのオスモ社の自然塗料を使った塗装です。一部、塗装して在庫している場合もありますが、国内別途塗装である場合が多く、入金確認後、納期に2~3週間かかります。なお、国内別途塗装の場合はリボス社や蜜蝋等の塗装に変更することもできます。
メープルやウォールナット等硬い木材に塗ると滑りやすくなりますのでご注意ください。なお、最初は滑りやすいですが、しばらく使用していると滑りにくくなります。

オスモ自然塗装メリット

  • 木の質感がそのまま残り、肌触り良く仕上がります。
  • キズが目立ちにくく、凹みやキズ等の補修、メンテナンスが自分でできます。

オスモ自然塗装デメリット

  • 表面に塗膜を作らないので、ウレタン塗装に比べ汚れがつきやすいです。
  • オイルの種類や使用状況によりますが、定期的に塗り直しが必要です。
  • 納期に2~3週間必要です。(ただし、国内別途塗装の場合は他の自然塗料に変更が可能。)

植物オイル仕上げとは・・・

天然油脂を主成分としたオイル仕上げで塗料を木材の表面から内部に浸透させて塗装をするので塗膜は作りません。植物オイル仕上はUV照射をして乾燥させるため塗料が硬化するため、通常の自然塗装よりも剥げにくくなっています。

植物オイル仕上げメリット

  • 木の質感をそのまま生かせます。通常の自然塗装よりも硬い塗装で剥げにくく、塗り直しの回数も通常の自然塗装よりも少なくて済みます。
  • 凹みの傷はオスモ塗料等を使い、DIYレベルで対応が可能です。
  • ※弊社のUVオイルは主に紅花油を主原料としたドイツのクランプ社を使用しています。

植物オイル仕上げデメリット

  • オイルの種類や使用状況によりますが、定期的に塗り直しが必要です。
  • 表面に塗膜を作らないので、ウレタン塗装に比べ汚れがつきやすいです。

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。