無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

木表、木裏って何?

木材を板材として加工したときに、木の中心側を「木裏」、外皮側を「木表」といいます。乾燥してくると木表側に反ってくるので、内装材として用いるときは木表を室内側に持ってくるといいとされています。例えば、鴨居では木表を下に、敷居では木表を上に持ってくると建具の納まりがよいとされていました。ただ、これは製材をするときの乾燥技術が良くなかったためそのように言われておりましたが、最近では乾燥技術が進歩したため内装材として利用する場合は、「木表」「木裏」混合で使うことが一般的となっているようです。 木表、木裏図

下記の記事もあわせて御覧ください。

こちらもオススメ
板目、柾目って何?

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。