オーク(ナラ) マルチレイヤー
(突板)直貼りパーケット(市松)
フローリング

表面単板に2mmのスライス無垢板を使用しているので耐久性もあり、見た感じは無垢と変わりません。

  • 直貼り対応なので、施工時間が少なくてすみます。
  • ごく小さな節が入るナチュラルグレードです。
  • 基材にポプラ・ユーカリを使用しています。
  • F☆☆☆☆認定品です。
  • エポキシボンドでの施工をお願いします。

写真を見る>>>

商品価格・詳細

商品番号 サイズ(mm)/ケース入数 塗装状態 平米単価
(税別、送料別)
ケース価格
(税別、送料別)
産地 無料サンプル
OPT6M 15×400×400
12枚入り【1.92㎡/0.58坪】
無塗装 ¥8,990/m2 ¥17,261 中国
無塗装
商品番号 OPT6M
サイズ(mm)/ケース入数 15×400×400
12枚入り【1.92㎡/0.58坪】
平米単価
(税別、送料別)
¥8,990/m2
ケース価格
(税別、送料別)
¥17,261
産地 中国

※この商品については下記のボタンからCAD用画像素材(jpgファイル)がダウンロードできます。詳しくはコチラ >

※送料は運賃一覧表をご確認ください。離島等船便が必要な場合はフェリー代別途となります。

  • 消費税別途で表示しています。(建築業者向け販売が主のため。個人販売も可能です。)
  • ケース単位の販売となります。
  • 塗装品の在庫が無い場合は、国内別途塗装になります。国内別途塗装は納期が約3週間かかり、ご入金確認後、塗装開始となります。

オークマルチレイヤー(突板)直貼りパーケット(市松)ナチュラル

オークマルチレイヤー(突板)直貼りパーケット(市松)ナチュラル
仮並べ時の写真(1枚)

オーク材の特性について。

★オーク(ナラ)材は虎斑(とらふ)と呼ばれる模様が必ずあります。
虎斑(とらふ)は広葉樹に必ずあるのですが、特にオーク材はよく見ることができます。
この虎斑は木材用語では放射組織と呼ばれ、立ち木の時は養分貯蔵の役割であった細胞です。
放射組織という名前の通り、木の中心部から年輪を横断するように放射状に広がっています。
ですので、木材は柾目取りした場合は、必ずこの虎斑(とらふ)模様が現れます。
よく「虎斑が多いナラはいい」と言われますが、これは柾目が多いから言われているのではないかと思われます。
     虎斑(とらふ)模様の画像

こちらの商品が気になったら右のボタンから無料のカットサンプルをお申し込みください。
無垢製品の施工方法、樹種と相性の良いオイル、日常のお手入れの仕方など、無垢フローリングのプロである私達があなたの無垢フローリングライフをサポートさせていただきます。

商品グレードについて

  • プレミアムグレード

    その樹種での最高グレードです。おおむね、ごく小さな節・白太、わずかな色むらは入ります。

  • ナチュラルグレード

    白太・小さな節・色むらはそれなりにあります。ごく稀に小さな割れと止めパテが入る場合があります。

  • ワイルドグレード

    プレミアム・ナチュラルの基準以下のものがすべて入ってきます。
    白太・節・割れ止めパテもそれなりの大きさで入ります。色むらもあります。

塗装の種類について

  • 1.無塗装

    何も塗装しない状態です。 木の質感や色合いがそのまま残る反面、汚れが付くと木の導管に染み込み、落とすのが困難になります。

  • 2.自然塗装

    天然油脂(オイル)を使った仕上げのことです。塗料を木材の表面から内部に浸透させて、木の表情をしっかりとさせ、木材本来の質感が残ります。

  • 3.オスモ自然塗装

    ひまわり油を主成分としたドイツのオスモ社の自然塗料を使った塗装です。一部、フローリングを塗装して在庫している場合もありますが、国内での別途塗装が必要になる場合が多く、入金を確認させて頂いた後、2〜3週間の納期が必要です。なお、国内での別途塗装となる場合はリボス社や蜜蝋などの塗装に変更することもできます。

  • 4.植物オイル仕上げ

    天然樹脂を主成分としたオイル仕上げで、塗料を木材の表面から内部に浸透させて塗装をするため、塗膜を作りません。 植物オイル仕上げはUV照射をして乾燥させるため、塗料が硬化します。 その効果により、通常の自然塗装よりも剥がれにくくなっています。

  • 5.ウレタン塗装とは

    主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料で、フローリングの表面に薄い膜を貼るような塗装です。

それぞれの塗装についての詳しい特徴はこちらのページにてご確認ください。

購入の流れについて

当サイトは大量注文お値引き歓迎のお店です!

ご購入の流れついての詳しい説明はこちらのページにてご確認ください。

TOP ▲