無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

レッドパイン羽目板
(小さな死節あり)

北欧産のレッドパイン羽目板です。レッドパインのあるお部屋はあっという間に癒しの空間となります。お買い得な価格も手伝ってただいま大人気商品です。
※レッドパインは死節もはいっています。ごく稀に節部分が割れている場合もありますので若干余裕を持ってご発注ください。また逆目の部分は少し傷が入っているように見える場合もございますがこちらはパイン材の特性となりますのでご了承ください。
※長物の配送を受け付けてくれない配送会社が増えたため、見積りを出していても、配送できない場合があります。 また配送可能地域でも1回あたりの配送は5ケースまでとなります。

写真を見る>>>

商品番号 サイズ(mm)/ケース入数 塗装状態 平米単価
(税別、送料別)
ケース価格
(税別、送料別)
産地 無料サンプル
RW1M 9×85×3900
10枚入り【3.32㎡/1坪】
無塗装 ¥3,650/m2 ¥12,118 北欧産
RW2M 12×110×3900
8枚入り【3.43㎡/1.04坪】
無塗装 ¥3,850/m2 ¥13,206 北欧産
無塗装
商品番号 RW1M
サイズ(mm)/ケース入数 9×85×3900
10枚入り【3.32㎡/1坪】
平米単価
(税別、送料別)
¥3,650/m2
ケース価格
(税別、送料別)
¥12,118
産地 北欧産
無塗装
商品番号 RW2M
サイズ(mm)/ケース入数 12×110×3900
8枚入り【3.43㎡/1.04坪】
平米単価
(税別、送料別)
¥3,850/m2
ケース価格
(税別、送料別)
¥13,206
産地 北欧産

※送料は運賃一覧表 をご確認ください。離島等船便が必要な場合はフェリー代別途となります。

※消費税別途で表示しています。(建築業者向け販売が主のため。個人販売も可能です。)

※ケース単位の販売となります。

無塗装のみの販売で塗装品の販売はありません。

レッドパイン羽目板(小さな死節あり)(無塗装、12x110x3900mm)
現場写真&お客様の声~滋賀県 個人住宅

この施工写真をもっと見る

レッドパイン羽目板(小さな死節あり)(ニス塗装、12x110x3900mm)
現場写真&お客様の声~神奈川県 個人住宅

この施工写真をもっと見る

レッドパイン羽目板(小さな死節あり)(無塗装、12x110x3900mm)
現場写真&お客様の声~兵庫県 ドッグカフェ

この施工写真をもっと見る

レッドパイン羽目板(小さな死節あり)(ウォールナット塗装、12x110x3900mm)
現場写真&お客様の声~東京都新宿区 カフェ 

この施工写真をもっと見る

もっとパインの現場写真をチェック!

レッドパイン羽目板(小さな死節あり)仮並べ時の写真(縦向き)

レッドパイン羽目板(小さな死節あり)仮並べ時の写真(横向き)

レッドパイン羽目板(小さな死節あり)
小口拡大写真

※羽目板は短手にサネはありません。

パイン材の特性につきまして

★パインは北欧の工場で加工・生産しており、これらの工場の主な出荷先はヨーロッパ圏内になります。土足歩行の国への出荷のため、死節・節欠け・小口割れや欠け、軽微な反り、曲がり、(ごく稀に節抜け)等の欠点がある商品が混入することがあります。 ヨーロッパ国内では、日本では欠点とされるこれらの欠点も資源保護の観点からも、建築資材として利用していくようにしております。 これらの部分は壁際等で切り落とす場所に使用したり、家具等で隠れる場所に使用していただくなど調整をしていきながら施工していただきますようお願いします。 (どうしても欠点なく施工したい場合はロットの状況にもよりますが多くのロス率が必要になります。) またヨーロッパでは「ゴミを極力出さない」という観点からダンボール梱包をすることはなく、シュリンク梱包(ラップのような梱包)と言われる簡易梱包となっています。配送はこのシュリンク梱包のまま行います。 特価品につき、これらの特性をよくご理解いただいた上で、ご発注いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。
■死節です。死節とは枯れた枝が包み込まれた状態にあるもので周囲との組織のつながりがなく、枯れた枝が幹の中に閉じ込められています。


■こちらも死節です。左の端の方の組織がつながっていません。このような隙間はDIYレベルで補修することができます。


■節割れです。節の真ん中に割れが入っています。稀に節が欠けている場合もあります


■パインはこのようなビニール梱包(シュリンクパック)で配送されますのでご了承ください。 環境問題に厳しいヨーロッパではゴミ削減の観点からこのようなシュリンクパックが主流となります。


パインの経年変化。

■パインは経年変化とともに、だんだん色が濃くなりシックな飴色になってきます。 経年変化が楽しめるのも無垢材であるパインの良いところですね。

パインを飴色に変化させたくない方へ。

■飴色に変化させたくない方は「WATCO」オイルのホワイト色を塗っていただくと白っぽい状態にすることができます。
※塗るときは目立たないところで試し塗りをした後に、色を確かめてから塗装してください。

グレードの説明

プレミアムとは
その樹種での最高グレードです。おおむね、ごく小さな節・白太、わずかな色むらは入ります。
ナチュラルとは
白太・小さな節・色むらはそれなりにあります。ごく稀に小さな割れと止めパテが入る場合があります。
ワイルドとは
プレミアム・ナチュラルの基準以下のものがすべて入ってきます。
白太・節・割れ止めパテもそれなりの大きさで入ります。 色むらもあります。

塗装種類の説明

無塗装とは
何も塗装しない状態です。
木の質感や色合いがそのまま残る反面、汚れが付くと木の導管に染み込み、落とすのが困難になります。
特徴
  • ①木の色・質感をそのまま活かせます。
  • ②キズが目立ちにくく、凹み等の補修がしやすくなります。
  • ③調湿効果が他の塗装方法と比べて最も期待できます。
  • ④汚れが染み込み、落とすのが困難になります。
  • ⑤季節によって毛羽立ちやささくれが出る事があります。
ウレタン塗装とは
主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料で、フローリングの表面に薄い膜を貼るような塗装です。
特徴
  • ①光沢が良くなります。
  • ②耐水性に優れているため、汚れがつきにくくなります。
  • ③表面にキズがつくと目立ちやすくなります。
  • ④コーティングされるためフローリング表面の質感が変わります。
自然塗装とは
天然油脂(オイル)を使った仕上げのことです。塗料を木材の表面から内部に浸透させて、木の表情をしっかりとさせ、木材本来の質感が残ります。
特徴
  • ①木の色・質感をそのまま活かせる。
  • ②キズが目立ちにくく、凹み等の補修がしやすくなります。
  • ③油膜をつくらないため、キズや汚れがつきやすくなります。
  • ④オイルの種類や使用状況にもよりますが、定期的に塗り直しが必要になります。
植物オイル仕上げとは
天然樹脂を主成分としたオイル仕上げで、塗料を木材の表面から内部に浸透させて塗装をするため、塗膜を作りません。
植物オイル仕上げはUV照射をして乾燥させるため、塗料が硬化します。
その効果により、通常の自然塗装よりも剥がれにくくなっています。
特徴
  • ①木の色・質感をそのまま活かせます。
  • ②通常の自然塗装よりも硬い塗装で剥がれにくくなっているため、塗り直しの回数も通常の自然塗装よりも少なくて済みます。
  • ③UV乾燥ができるため、価格が自然塗装よりも安くなります。
  • ④凹みのキズはオスモ塗料などを使い、DIYレベルで対応が可能です。
オスモ自然塗装
ひまわり油を主成分としたドイツのオスモ社の自然塗料を使った塗装です。 一部、フローリングを塗装して在庫している場合もありますが、国内での別途塗装が必要になる場合が多く、入金を確認させて頂いた後、2〜3週間の納期が必要です。 なお、国内での別途塗装となる場合はリボス社や蜜蝋などの塗装に変更することもできます。
特徴
  • ①木の色・質感をそのまま活かせます。
  • ②凹みのキズはオスモ塗料などを使い、DIYレベルで対応が可能です。
  • ③数年に一度、剥がれた場所に塗り直しが必要です。
  • ④2〜3週間の納期が必要になります。ただし、国内での別途塗装となる場合には他の自然塗料への変更も可能です。
  • ⑤自然塗装品はメープルやウォールナットとなどの硬い木材に塗ると滑りやすくなりますのでご注意ください。 なお、使用当初は滑りやすいですが、しばらく使用していると徐々に滑りにくくなっていきます。

当サイトは大量注文お値引き歓迎のお店です!

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。