無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169
  • FAXでのお問い合わせは0797-32-5192
  • メールでのお問い合わせご相談はこちらからmail@muku-flooring.com

チークの日焼け(経年変化)はどんな雰囲気になるの?おすすめの塗装は?

弊社ショールームでは実際に日焼けの経年変化のテストを行っていますので、実際のチークのフローリングの経年変化のお写真を紹介させていただきます。

 

チークは腐りにくく耐久性があることなどから豪華客船の内装や甲板などにも使われている高級材です。
合板のシートフローリングだと時間が経つとくたびれた感じが出てしまいますが、無垢フローリングの中でもチークは経年変化とともに深い色になっていき、とてもカッコよくなっていく一番人気の樹種です。

 

こちらが納品直後のチークフローリングの色です。薄めの色ですよね。

納品直後のチークフローリング

 

これが3年ほど経つとこちらの写真のように少し赤味を帯びたとても深い色に変化します。

3年経過したチークフローリング

 

またチークは無垢材の特有の「湿度による伸び縮み」が、他の木材に比べて非常に小さいのが特徴です。
無垢フローリングを販売していると一定の確率で「床が盛り上がった」とか、逆に「隙間がでてきた。どうしよう!?」というご相談を電話やメールでいただきますが、このチークはそのようなご相談がほとんどないのです。

 

ちなみにこのチーク。
深い色にしたければ表面の塗装は亜麻仁油を使用したリボス社のアルドボスがおすすめ。
亜麻仁油は日焼けをすると、どんどん色が深くなっていきます。

逆に明るめの色がご希望であればひまわり油が主成分のオスモ社のフロアークリアーがおすすめ。リボスのアルドボスに比べれば明るめな仕上がりになります。

どちらの塗料がいいというわけではありませんので、お好きな方で塗装してみてくださいね!

 

【チークフローリング商品一覧ページ】

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。