無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

施工後、床が盛り上がってきたがどうしたらいい?

無垢フローリングは季節によって膨らんだり、縮んだりします。それを見越して多少のクリアランスをとって施工していただくのですが、予想よりも木が膨らんでしまい、床が山のように盛り上がってしまう現象が起こる可能性があります。対処方法として以下のものがあります。最終的な判断は、必ず施工担当の方に確認してから行うようにしてください。

  • ①日常生活に支障(ドアが開かなくなるor突っかかって転ぶおそれがある)がない場合
    とりあえず、1年間は様子をみましょう。乾燥する時期に近づくと木が縮み盛り上がりが緩和される可能性があります。そのうちに木が周りの空気に馴染んで落ち着いてきます。
  • ②日常生活に支障が出る場合
    盛り上がっている付近にのこぎりでサネを切り落とし沈めます。壁際であれば壁に沿ってのこぎりを入れて切り全体的に床を沈めます。この場合、サネを切り落としますので、その部分はすき間が目立つようになります。または、盛り上がった箇所のフローリングを取り除きサイズを縮めたフローリング(これは現場で調整しながら作ります)をはめ込むことになります。この場合はサネの部分に釘が打てないのでフローリング表面部分を釘を打つところをくり抜き釘を打ち、そこを目立たないように【木ダボ】というもので穴を埋めます。
    方法1
    盛り上がり切り落とし図
    方法2
    盛り上がり切り落とし図
    盛り上がり切り落とし図

  • 下記の記事もあわせて御覧ください。

    こちらもオススメ
    すき間が目立つがどうしたらいい?

    TOP ▲

    Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
    当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
    株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
    転用・複写は禁止いたします。