無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

羽目板を施工したら数年経って人の手の跡が沢山浮き出てきた!

羽目板は床と違い「無塗装」の状態で使用する場合もあるようです。施工時に限らず日常生活でも木材を無塗装の状態で手で触ると手の油が木材に付き、その部分が酸化し「しみ」のようになって現れることがあります。このような「しみ」は施工後、数年経ってから出てくることも珍しくなく怪奇現象のように思ってしまうこともあります。
この酸化した「しみ」はサンドペーパーで削って取るしか方法がなく、施工後時間が経っているとサンドペーパーで削った部分だけが他の部分に比べ色が変わってしまいます。
そのため無塗装で施工する場合は手袋を使うなどしてできるだけ手の油を木材に付けないようにしてください。
もしくは無塗装で施工後、すぐ表面をサンディングして手の油を取り、自然塗料などのオイルを塗布するようにしてください。

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。