無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

無垢材に着色塗装をしたらまだら模様になってしまった!

自然素材の無垢材はオイルが浸み込みやすい部位とそうでない部位があり、時にまだら模様になってしまうことがあります。そのような時は次のように対処してみてください。色むらが軽減できる可能性があります。

  • ①浸み込みにくい部分を粗めのサンディングペーパー(#80~#120くらい)でサンディングする
  • ②着色塗料を塗りしばらく放置して少し乾きだしたころに拭き取る。
  • ③再度、着色塗装をする。
このように粗めのサンディングをして塗料を浸み込ませるようにし、完全に乾燥する手前で拭き取り再塗装することによって色を濃くすることができます。
なお木材の硬い部分や節近辺など樹脂が多く含まれているところはどうしても油が浸透しません。無垢材は多少の色むらは発生することはご了承の上、着直塗装をお楽しみください。

下記の記事もあわせて御覧ください。

こちらもオススメ
羽目板を施工したら数年経って人の手の跡が沢山浮き出てきた!

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。