無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169
  • FAXでのお問い合わせは0797-32-5192
  • メールでのお問い合わせご相談はこちらからmail@muku-flooring.com

ウォールナット色で着色したフローリングの傷はどう補修すれば良い?

先日、大阪ショールームで接客をしていたのですが、パネルの裏に釘が

飛び出ていて、展示していたアカシアフレンチヘリンボーンフローリングにこんな傷をつけてしまいました(涙)

こちらの商品はアカシアにウォールナット色の直物オイルの商品。

着色塗装した商品は表面を削って傷を見えなくする方法だと全面的に塗装のやり直しになってしまいます。

今回はとりあえず、傷を目立たなくさせる簡単な補修方法をご紹介させていただきます。

 

こちらが傷が付いてしまった床材の写真です。

img_1424.jpg

 

用意したものはこちらの道具と塗料。たった3つだけです!

 

ワトコ塗料(ミディアムウォールナット色)

※傷の色より少し薄めの塗料を用意します。

img_1436.jpg

 

メラミンスポンジ(これで塗料を塗りました。もちろん、筆などでも問題ありません。)

img_1432.jpg

 

ペーパータオル(オイル拭き取り用)

img_1431.jpg

 

【補修方法】

まず、メラミンスポンジにワトコの塗料を浸み込ませて、傷の線に沿って

薄く塗布していきます。

img_1426.jpg

 

次に薄く伸ばして、ペーパータオルで拭きあげていきます。

ポイントは

・とにかく薄く延ばすこと。

・各ピースごとで塗料を伸ばしていくこと。(フローリングの途中で塗装を止めると色むらがでることがあります。)

img_1428.jpg

 

img_1429.jpg

 

?少しムラがあるなぁ。と思ったら1つのピースの中でうすーく塗料を塗ってムラを再調整してください。これで完成です。

傷は残りますが、白い傷ではないので、だいぶ目立たなくなりました。

img_1435.jpg

 

少し遠目から撮影した写真です。

img_1466.jpg

 

簡単な補修でしたら、こんな感じでできます!!ぜひ、トライしてみてくださいね。

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。