無垢フローリングドットコム全国対応お問合わせはこちら0120-97-4169

フローリングの表面が白くなってきた。どうしたらいい?

写真のようにウォールナットやローズなどの色の濃い木は塗装後、表面が白くなる現象が発生することがあります。実はこのような現象はどの木材でも発生しているのですが色の濃いウォールナットやローズなどは表面が白く見えてしまうのです。
表面が白くなったフローリング
【濃い色のフローリングの表面が白くなる原因】
①オイルの拭き戻し 自然塗装はオイルを塗ると、必ず「拭き戻し」と言ってオイルが表面に戻ってきます。そのオイルがフローリングの表面で乾燥してしまった場合、白くなります。
②オイルのワックス成分が表面で白く残っている 植物オイルの中には日常生活ですぐに水分などが浸み込んでいかないようにカルナバなどのワックス成分が含まれていることがあります。このワックス成分が木部に浸み込みきれずに乾燥し白くなります。
③水拭きなどをして表面が毛羽立っている 無垢フローリングは水拭き厳禁です。水拭きをすると表面が毛羽立ってしまい、色の濃い木材は表面が白くなってしまいます。
【表面が白くなった場合の対処方法】

まず使う道具です。

 

・600番のサンディングペーパー

・施工時に使った塗料

・掃除機

※POINT※

塗料は最初に塗布したものをご用意ください。

また、塗装の前にワックスや蜜蝋などを塗ると「ふき戻し」を起こしやすくなるのでご注意を。

では補修をしていきましょう。

サンドペーパーで補修

STEP1

白くなっている板全体をサンディングペーパーで削ってください。

ここでのポイントはあまり力を入れすぎないこと。

優しく全体的に均一になるよう削っていきましょう。

STEP2

削ってでてきた粉を、掃除機などでしっかりと吸い取ります。

STEP3

キッチンペーパーで塗料を塗る

キッチンペーパーなどを使い塗料を塗っていきます。

範囲が広い場合にはTシャツなどの着古した布を使いましょう。

タオル生地は繊維がついてしまうので使わないのが塗装をする際のポイントです。

塗料が乾けば完成です!

補修前と補修後

このようにとっても簡単にメンテナンスが可能です。

補修方法を動画でもご紹介しています。 動画はコチラからチェックしていただけます↓↓↓

下記の記事もあわせて御覧ください。

こちらもオススメ
フローリングにカビが生えてしまった。どうしよう。

TOP ▲

Copyright(C) Nakamura Corporation. All Rights Reserved.
当サイトの写真及び表現方法等の著作権の全て
株式会社ナカムラ・コーポレーションに帰属します。
転用・複写は禁止いたします。